ご縁つづき

何人かの方に降誕会でも 「 おめでとうございました 」

昨日の神奈川組 仏教婦人会総会でも 「 知りませんでした  おめでとうございました 」

と言っていただいて 書いた本人の私が 「 は? 」 でしたが

住職と私の結婚記念日(5月21日) の ことでした


ありがとうございます

おかげさまです



a0204371_10393019.jpg




22日の西法寺降誕会は大田先生からお取次ぎをいただきました




 

「 波は水であるけれども 水の本質に波の要素は無いのです

  水は水だけで波にはなりません

   波は風という縁によって 生まれるのです 」








お正信偈に 本願海 と 群生海 と 『 海 』 という言葉で 

全てを摂取する如来の法 と 生きとしいける私達のことを表していただいています

先生の言葉でイメージするに

この私が波だとするならば この波がどこから来て どこへ行くのか

水分が蒸発して雲となり 雨と降って川に流れ 群生の海へと出て

風に吹かれて波となる

大きく吹かれる縁に遇えば 荒れ狂う大波となり

丁度良い穏やかな風に吹かれれば きらめく美しいさざ波となる 



この私も 両親という縁によって生まれ 今生を生きております

その両親もそのまた両親も縁によって生まれてきたのです



物事の そして お念仏の

この生起本末を知ることで 波は波としての生を 深く安心して委ねていけるのではないか

と、仰っていただいたように私は受け止めました

これからまた 改めてじっくりと お正信偈のお言葉を味あわせていただいていこうと思いました




a0204371_1183747.jpg


昨日は川崎のお寺様で 仏教婦人会 『めぐみ会』 の 総会がありました

この二日間は夏日となり陽射しの強い2日間でしたが

皆さんお元気 ありがたいご縁でした

総会の研修では 九州は熊本の 木下慶心先生(現津村別院ご輪番)がお越しくださって

有り難いお話を 独特の面白おかしいリズムでお話し下さいました




《  『 生前 』 の 『生』 は生きている今ということじゃ無いですよ  》


とは、 私達は当たり前に思っていますが 確かに

浄土真宗以外のお方には 変な事かもしれません

『 生前は 』 とは字のごとく 【生まれる前は】 ということで 

『 生前 』 の 『 生 』 とは 【 生まれる事 】  

どこに? 【 浄土に 】 

ということ


死ぬ   ということは   私達にとっては 浄土に生まれさせていただく事

だから  生きている今の事 を 『 生前 』 と言います





誰でもかんでも 『 生前は 』 と挨拶するのはおかしいですね  確かに

もっと 言葉や出来事に興味と実感を持って生活したら

退屈なんて事はない気がします

2日つづきでめったに無いご縁をいただき 今日は自分だけ頭が良くなった気分です

人に言ったら 気のせいと言われますから言っていません






今日はいい風が吹いています

風に揺れる笹の葉を眺めながら

大海原の一波の私を想像しています




                                             なもあみだぶつ



   

   
by shinwoyorokobu73 | 2016-05-24 11:38 | 行事 | Comments(0)
<< わかってないことが わかってな... 10回目の降誕会です >>