子どもも  わたしも

伸び時 とか  伸び盛り とか言われる時がありますね




長女が小学校の時 一年間に10センチ以上背が伸びたことがありました

担任の河田先生から 「 背が伸びる時って何でも伸びる時なんですよね 」

と言われたことがとても印象に残りました




春にはいろんな芽がすっくと首を持ち上げて

上へ上へ 光の射す方へ光の射す方へ と 伸びています

きれいですね

新人さん 新入生さん どうぞしっかり 初めてのことを受け止めていってください


a0204371_11532044.jpg




小学生低学年の子どもたちも 時におかしなことを受け入れたり

折り合いをうまくつけながら 日々大人に近づいています


 「 血液型にはA、B、O、ABがあるんだぞ ぼくはO型 」

 「 ぼくはB型 」

 「 わたし A型 」



そこに ちょっと知識のある子が

 

 「 わたしのお父さんはAB型で お母さんがO型だから わたしはAO型のA型なんだ 」


 「 えー!?  お前バカ? AO型なんて無いんだぞ なに言ってんだ? 」


 「  ははは・・・ 」  「 なんにも知らないんだ  はは・・・・ 」 

 「 ハハハ・・・ 」   「 ははは・・・ 」  



ちょっと早く詳しい事を知っていたことで その事をばかにされてシュンとなる子がいます

「 バカだなぁ 」 と言った方は大きくなって

理科でそのことを学ぶ時にはすっかりそんな事を言ったことすら忘れています




小さな子どもって残酷、 何でそんなに何も知らないのに自信満々なんだろう?

そう思っていましたが・・・

大人でも本当のことなんか本気で確かめもせずに 

「 あれが悪い 」 「 これが正しい 」 と評論家になる所は同じか・・・

人のことなら言いっぱなし

自分の姿は見ないし 一番わからない

「 小さな子供って 」 と思っていたのが 「 小さな子供 」 でした

「 そうだなぁ 」 と小さな子どもたちの姿にもいろいろと教えられることが多いこのごろ

春休みも終わり 新学期も明日から

また 私だけの日常では気が付かないおかしなことが巻き起こることでしょう



a0204371_1453298.jpg


出会いや 出発の季節に教えられることは満載のようで

ゆっくりストレッチしながら 次のご縁をたのしみに準備しています

直にまた 怒涛の日常が始まるのですから



皆さまも どうぞお身体大切に 季節や心の変化をおたのしみくださいませ





                                                 なもあみだぶつ

 






  
by shinwoyorokobu73 | 2016-04-04 14:11 | こんなこと | Comments(0)
<< 緑の季節に 桜 桜 >>