人の姿に 花の姿に

お彼岸のお説教に住職は 千葉のお寺さんに出かけており

久しぶりに ほんとうに久しぶりに午前中コーヒーをいれて

パソコンに向かっています


a0204371_11252387.jpg


桜が咲いた昨日 ひょいと持ち上げた芍薬の鉢の下

2匹の裸んぼが 「 ひゃあ! まだ寒いわよ!」 って睨んできました

ごめんなさいよ  春ですね




今年は 庭に 大好きな菜の花の種をばらまいていたのです

でも 咲いたのは2,3本だけ

それでも あの いつ見ても機嫌よくハミングしているような黄色は

本堂から眺めるたびに 私の気分をはずませてくれています

みなさんのお気に入りの春のお花は やっぱり桜でしょうか?

今年は長く楽しめそうで ありがたいですね



a0204371_11384256.jpg
 

これは・・・・・ 何の花だったか・・・・・ どこに何を植えたかよく覚えていないものもあり

咲いてみて 「 あ! 君だったのか 」 というのもまた楽しい




お花で 先日

お彼岸のお花を買いに花屋さんに行きました

店先にきれいな葉っぱのヒューケラやビオラが並んでいて

私は すぐにお店に入らずに あれやこれや見て楽しんでいました

すると 店の中から 「 あなたしか 今日は店番いないの?」

棘のある声が聞こえました

60代の女性でしょうか 30代位の女性の店員さんにつづけて言います

「 私 あなた嫌いなのよね  〇〇さんが居ないなら今日は受け取らないで帰るわ

  私 〇〇さんご指名だから 」


目が点になりました   

花屋さんでご指名があるなんて・・・知らなんだ

たしかに彼女、愛嬌ないけど・・・・・

面と向かって 「 あなた嫌い 」 というおばさんを初めて見ました





そんなに笑顔で愛嬌よくしてほしかったら、自分から笑わないとねぇ

あなたのその尖って不機嫌な目の方が よっぽど怖いんだけど・・・・・ 

「あなたの出て行った後の空気は嫌ですよ~~」 と おばさんを追いかけて行って絶対に言えない 私

うっすら涙目の店員の彼女と 「 ドンマイ ドンマイ 」 と笑って帰るも 

何だかゴリッとした固い気持ちが残る





菜の花も 他の花も 雨が風がお日様が 自分の思い通りにならないからといって

プッとに相手に棘を吹く なんて傲慢なことはしませんね

お日様の光も そよ風も 雨も風も 時にやって来る虫に葉を食べられても

なるまま自分の花を咲かせて生き切りますね




あの人が この人が ああじゃあないと こうじゃあないと と 他に不平不満を起こす 

起こす・・・・・ね 

ああ この私も か・・・

あの 文句言いのおばさんや 庭の菜の花は 一生補処の菩薩さまの 姿か

あっちからも こっちからも いろんな角度から照らしてくださる

春に 目を凝らしてよく見てみたら この私が見えた

    

恥ずかし 恥ずかし ありがたい 



                                                    なんまんだぶ
by shinwoyorokobu73 | 2016-03-22 12:27 | 思いがけず | Comments(0)
<< バカの壁があるなんて・・・ 彼岸を思う日 >>