ああ いい天気

ここ数日 夕暮れ時からミゾレや霰が降ってきて

夕方に無くなったことに気が付いて 

ぶるぶるっとしながら ストーブの灯油缶に灯油を入れに外に出ます

ああ、昼間に補給しておけばよかった・・・こんな日は後悔です


a0204371_1049135.jpg


しかし 朝はそのおかげで お日様の光が身に沁みます

ゴミ出しをして 帰る途中のこんな小さな葉っぱも

「 ああ~ 暖かい! 」 と 大きく背伸びしているように見えます




午前中は暖かいので 本堂の掃除の前に庭掃除を済ませようか




お散歩の方と

「 今日は暖かくて歩くのも気持ちいいですねぇ 」

なんて話しながらやっていますと 気持ちも身体も元気に




「 お墓は持ちません 」 と言っておられた方が

昨年お墓を建てられました

寒くても ちょくちょくお参りにお見えになります

「 両親が生きていた時よりも 今の方がとても近くなった気がして ここに会いに来るとシャンとなるんです 」

とおっしゃっていました



a0204371_1224367.jpg



この冬も山のような落ち葉を掃きながら

「 嵐の日 家でも吹き飛びそうなくらい強い風にもぎゅうっと枝にしがみついて離さなかったのに

  なんでこの季節になると すう~~っと枝を離れて ハラハラ ハラハラと皆落ちるんだろうねぇ 」

とカサカサに乾いた枯葉を手に ほんとにそれが不思議で 住職につぶやいたことでした




90数才になられた あざみ野のS子おばあちゃんが

昨年の息子さんの33回忌を済ませたときに

「 ああ これで私がせにゃあならんことは済ませることができました

 生まれさせてもらった者は この世で死ぬまでは生きにゃあなりませんから

 もうしばらく 宜しくお願いいたします 」

そう頭を下げて きっぱりと仰いました

息子さん達は笑ってお聞きになっていましたが 

私には この冬の落ち葉掃きの度に その言葉が思い返されたのでした



先日来 怪我で学校を休んでいたトモちゃんが久々に登校しました

休んでいた間 頭も打っていたので 眠っている横で様子を見た日があって

手持ち無沙汰だったので 乾燥肌の住職と次女のために

『 糠ぶくろ 』 を作りました

石鹸では皮脂を取り過ぎるから これだと肌にやさしいと聞いて

a0204371_1322670.jpg


茶碗やお皿を拭いていた使い古しの手拭いが

とてもふんわり柔らかくなっていたので これを小さな枕みたいに縫ってみました

ほんとは巾着みたいに糠を入れ替えできるようにした方が良かったですかね?



無垢の柱や家具も昔は糠ぶくろで拭いていたそうですが

人間の体にまで良いのですね

手入れ次第でずいぶん違いの出るお年頃になりました

大切にしませんと ですね



                                             なもあみだぶつ


 









 
by shinwoyorokobu73 | 2016-02-03 13:13 | こんなこと | Comments(0)
<< 充電期間でした おてんば娘が >>