やっと明けまして

1月13日(水) やっと開けまして いや 明けましておめでとうございます

たいへん遅くなりましたが 本年も どうぞ宜しくお願い申し上げます

今日は昨日につづき ほんとうに冬のようです 寒いですね



なんだか もうずっと前の事のように感じますが

今年はいつになく暖かなお正月で 一日の元旦会には

親子2世代 祖父母もご一緒の3世代のお参りが多く年齢差の大きい初お参りでございました


a0204371_10145230.jpg



学生さんだった息子さんがお嫁さんを伴ってお母さんお父さんとお参り



小学校低学年だったなっちゃんは中学生のりっぱなお姉さんになって

おばあちゃんが昔着ていた 今ではレトロな柄行のアンサンブルの着物を

そのおばあちゃんから着せていただいて おじいちゃんおばあちゃん みっき君とご両親とお参り

おじいちゃんおばあちゃんも嬉しい年の始めとなりました




昨年は大変な転機となったMさんYさんは 今年は一息つけるといいですね

今年もちょくちょく話しにお寺に来てください  待ってますよ





報恩講は欠席だったTさん 肺炎が大事に至らずよかった  

元気な顔色にホッとしました 寒い間はお気をつけて






「今年は娘や孫が来なくなったから 元旦会に来られました」

というHさん Tさんに 

 「災い転じて福となす やねぇ  よかったねぇ お参りできて」 と笑う住職に

「 はあい よかったぁ~ 」 と笑顔になってくださって ほんとによかった よかった




a0204371_10334791.jpg




また 住職のご法話が よかですもんねぇ~~




中学生のなっちゃんが 「 きっとつまんないよ 」 と最初は背中丸めて下向いて聞いていましたけど

真ん中くらいまで話し始めると 顔が上がって

最後は背中が シャンと背筋が伸びて 目がきらきらして聴いていました




仏様のお話は お正月から 気持ちがスゥ~~っとしますでしょ?^^

年の初めに本堂に座らせていただいて 法水に浸らせていただくというのは

なんというしあわせかな と なっちゃん達子ども達や

お集まりの皆さまの横顔を拝見しながらほかほかした気持ちにならせていただいたことでした



a0204371_1033626.jpg


お正月は 旅行や帰省で「 留守にしていましたから 」 と

年明け最初の土日までは

お寺にご家族やご夫婦で年始のご挨拶に来ていただく方も多くなり

思わず 「 おかえりなさい 」 とお迎えしますが これも嬉しい始まりのスタイルになりました







また 何故か 年末年始は必ずと言ってよいほど

今まで仏縁の無かった方々が 人生の難題に導かれて

仏法にすがりたい 安心したい と 初めてお寺をお訪ねになります

今年も 初めて他人の頭に五百円禿げというものを見せていただきました

お辛いことだろうと思います



でも 一回ですっきりするほど人生は平坦ではないでしょう

何度でもお参りになって 何度も 何度も ご自分の人生を見直されたらよかろうと思います

いつの間にか その壁は壁ではなくなります

仲間がたくさん集っております

どうぞ安心して 何度でも お参りください

お待ちしておりますから




今年も豆々しくと願って煮た黒豆ももう無くなりました

ストーブから離れがたいこの今日も・・・

がんばりましょう



                                                  なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2016-01-13 11:12 | 季節 | Comments(0)
<< まちがいなく冬です おつかれさまでした >>