今年も報恩講をおむかえできました

a0204371_2344415.jpg


朝から曇り空で ちょっと寒い三連休真ん中の今日

福岡は飯塚市 明正寺より杣山(そまやま)眞乗ご住職に

ご遠方をはるばるお越しいただきました

急に寒くなって体調を崩した方続出のこの度の報恩講でした

何を隠そうこの私も 早々に喉の風邪ひきで 咳が出始めたら止まりません

そんな中皆さまようこそお参りくださいました


今年は枯葉の落ち具合が遅いなぁと思って油断していたら

一昨日から雪のように降ってくる降ってくる・・・

朝一回 午後一回掃いてもすぐに またパラパラパラリと・・・

昨日は 「 たいへんでしょ?」 と大変ありがたい助っ人が来てくださって大助かりでした


a0204371_231543100.jpg


杣山先生は 「 あさがきた 」 でも有名になっている飯塚市からお出でですが

ご覧のようにとてもスマートな紳士です  (写真がはっきりしなくてすみません)

前門様が九州にお越しの時には 「 杣山くん 」 とお電話があるというのも頷けます

住職の母とは従兄です

住職に 「 お父さん 杣山先生 は  上品な方やねぇ 」

と言ったら 「 『 は(わ) 』 ? ではなくて  俺と一緒で杣山先生 『 も 』 やろう?  」

と言うておりますが・・・






先生には どこまでも どこまでも 自分の中からしか外を見ることができない

この自分中心の 『 私 』 について

なんとも分かり易く 具体的なご法話をいただきました

お説教というのに 厳しいお話なのに

なぜか ホンワカと優しい気持ちにさせていただき

余韻の残る法要でございました

     
     



     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     ひがんだり 悔やんだり 妬んだり 愚痴ったりするのは

     「 目の前で起こった事実を認めない私だから 」

     思うようにならない相手に

     ~のくせに と罵ったりすることになる

     女のくせに 男のくせに 子供のくせに 親のくせに 年寄りのくせに

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



私 今は言いやしませんが思い当って どっきり!

法話にされるくらい 皆さんもそうなんでしょうか^^

情けない事ですが 私もたしかに言ったことがありますわ・・・


       

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       私たちは なんで生きてきとると思います?

       私たちは ず~~~っとただただかわいい自分を護ろう護ろうと一生懸命に生きてきていますよ

       浄土というのは この 自分が一番かわいいと思う

       私の都合のいい場所を言うんじゃないですよ

       この世は人生劇場を生きておるようなものです

       この世を一生懸命に生き切った後で

       吉良上野介と大石内蔵助が酒を酌み交わせるような所がお浄土ですよ

       「 嫌いな人も往っている浄土には行きたくないわ 」

       なんてことを思わなくていい安心の世界ですよ

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~      



ほんとに・・・この世では顔を合わせたことも無い者同士でも どんぱちとケンカが絶えず

毎日どこかで誰かが恵まれたいのちを落としている 





先生のご法話は おもしろいけれど とてもピンとくるお取次ぎです




私で言っても どんぴしゃり!当たっておりますですよ



先生が 「 よくこれだけの事をたった10年でやったもんやねぇ

       坊守さん 子供を育てながらやから大変やったろう~~?」



と言っていただくと恥ずかしながら この胸はほっとするのです

 「 この度のご講師はほんとうに素晴らしい先生だったねぇ 」

と思うのです

10年でこんなものかと言われていたなら きっと

 「 この度のご講師はあんまり・・・ 」

と思うたことでしょう

こんな心じゃ確かに地獄へ落ちるばい と自分でも思います

如来さんのお手回しでさえ自分の手柄のように自惚れる心が 「 私 」 ですもんね

誰かに褒めてほしくてやってきたつもりじゃあなくても

この心は嬉しがるのですよ いやですねぇ 恥ずかしいですねぇ

ただ ただ ご報謝 ご報謝に生きたいものですが

やっぱり 私は 私は から離れられないですねぇ

恥ずかし 恥ずかし あさましいことです

でも こんな 『 私 』 こそが如来のお救いのお目当てなのだそうだから・・・不思議なことですねぇ

ほんとに ありがたいこと



なんまんだぶ なんまんだぶ







この度も ありがたいご法要となりました

先生は「 生きとったら 」 という条件付きで またお出で下さるそうです

お忙しいのは承知の上 是非 是非叶いましたらお願いいたします

病をおしてのご出講 本当に 本当にありがとうございました







西法寺には今年から小坊主さんもお手伝いくださっておりまして^^

(シンちゃんが布袍に輪袈裟でご一緒させていただきました)

「 まあ かわいい! 」

「 お坊さんの格好似合うねぇ 」

「 お父さんそっくり!」

なんて声援をいただき 挙句にはお勤めの準備中にちょっと目を離したら

「 皆さんにご挨拶したら? 」

なんてAのおばちゃんに冗談で言っていただいて

「 おかあさん!! シンちゃんがマイク掴んでみんなの前に立ってるよ!! 」

とトモちゃんがすっとんで呼びに来る

言ってみると椅子に立ってマイクで 「 みなさん こんにちは 」 とやっている (皆さんは拍手・・・)

焦って椅子から降ろし、マイクを置かせるも・・・・・・・・・・始まる前から私は疲れ果てとりました

皆さん ありがとうございます

     ありがとうございます

こうやって 少しずつ許されて大人に育てていただくことです

お育ての中で大きくならせていただきます

これからも どうぞ宜しくお願いいたします









今週から 本格的に冬らしくなるそうです

先日おみがきをお手伝いくださった Tさん Y子さんがお見えでなくて風邪かな?と心配

どうぞ皆さまもくれぐれも体調にはお気を付けくださいませ



                                            

                                               なんまんだぶ
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-23 00:11 | 行事 | Comments(0)
<< またも冷たい雨ですね~ あっちもこっちも 繕い 繕い   >>