経典に学ぶ

明日から11月です

「早いなあ」 と感じるのは私だけではないと思うのですが  いかがですか?

明日 11月1日 (日) 14時より  西法寺では 『 仏説阿弥陀経 』 を皆で読む日です

ちょっと深いですが

噛めば 噛むほど・・・(たとえは良くないか?)

読めば 読むほど たぶん 年を重ねれば重ねるほど 

心に 脳に 沁み方が違います

どうぞどなた様も 興味をお持ちの方はご遠慮なくご参加くださいませ

テキストはお寺でご用意させていただいております

筆記用具だけお持ちになってお出でください



a0204371_4381861.jpg


ここ数日

お月様がきれいです

「 月にむら雲・・・ 」ってこんな感じ?

雲が出ていてもこんなに白くきれいに輝いて見えます

なんだか しん とした気持ちになります







今年の秋の虫が鳴き始めてすぐの頃

このブログに書いた実家のご門徒のS子おばちゃんから 夜ひょっこり電話がありました

 「 ななちゃんの声ば 聞きたくなったけん 」

そう言って昔と変わらぬ声で。




ブログに昔のエピソードを書いた時から

そのまたご近所のご門徒のM子おばちゃんが

このブログを見ていてくれているので

きっとプリントアウトして皆に配っているに違いない とは思ってはいたのですが

やっぱり・・・





 おばちゃん   「 ブログ読んだよ~ なんか 奈々ちゃんの声ば聞きたくなったけん

              ありがとうねぇ 今でも ばあちゃんの事ばよう覚えとってくれて・・・

               ああいう事もあったねぇ

             ばあちゃんは 私には厳しかったけど 人には優しかったもんね

              ばあちゃんは優しかったねぇ

                感謝せんばいかんよねぇ 育ててもらったとやもん 

                  ありがたいことよねぇ 」



   私        「 おばちゃん 声が変わらんね

               元気そうやね  おじちゃんは? 」


  おばちゃん   「 おじちゃんは 〇さんと夜釣りに行っとんしゃーよ 

               元気!元気! 」 





電話の向こうは賑やかそうに人の声がしていて

おじちゃんと2人でコタツにでも入っての電話かと思ったけれど

テレビの芸人さん達の声だったようで

おばちゃんは 一人でテレビをつけていたらしい

急に私は涙が出そうになった



おばちゃんは あの ばあちゃんの本当の子供ではないと 私が知ったのはいつだっただろうか



おばちゃんは苦労の多い人生だった

でも、私が実家に住んでいた頃も

こうやって電話をくれる今の声もいつも元気で明るい

いろんな事があって

「 寂しかろうなぁ 」  








人は一人一人

自分のご縁の人生を歩いて行かないといけないから

どんなに寂しくても

自分で自分の人生を受けていかないといけないから

阿弥陀さまの声を聞いていこうね

なんまんだぶ

電話で話すくらいの事は

私もできるけど

元気で 笑っていてね

私もいつもおばちゃんからは優しさをもらっているよ

ありがとうね

今度はいつ会えるだろうね

元気で 笑っとってね

                   


                                              
                                      なんまんだぶ  なんまんだぶ
  
by shinwoyorokobu73 | 2015-10-31 05:32 | | Comments(0)
<< 報恩講の季節です いただきます ごちそうさま の... >>