還相(げんそう) の ウメ子ばあちゃん 

a0204371_148315.jpg



むかぁ~し のような ちょっと前のことのような・・・

私が佐賀に住んでいた頃

夏のご法座に隣のお寺のご門徒のおじいさんがよくお参りに見えていました




いつも お寺の前までは息子さんが車で送ってお見えになりました

そして、いつも そのおじいさんは息子さんに 

「 ほんに 手間をかけさせてすまんやったねえ  ありがとうございましたぁ~ 」

と深々と頭を下げて ニコニコと車が見えなくなるまで見送って 

ちょこちょこと本堂までの坂を上ってお出ででした



とても不思議に思った私は、

母に 「 あの おじいちゃんはホントにあの車の人と親子なの?」 と聞いたものです

 【 親なのになんで 自分の子どもに頭を下げて丁寧にお礼を言うんやろうか? 】

ずっと不思議でなりませんでした








お寺にお参りのじいちゃんやばあちゃん達は本当に

子どもの私の目には不思議な人たちの集まりで・・・

田舎のじいちゃん達は 朝ドラ 『まれ』 の ガンジさんみたいな人達ばっかりで

大酒飲みが多くて 天然ものの頑固 わがままさ・・・ 

ばあちゃん達はといえば、その男どもを笑って支え 明るく 意地が悪い時もあるかと思えば

涙もろくて おせっかいなのに 恥ずかしがり・・・







だけれども、 皆 夏のご法座には

真っ黒に日焼けして黒光りした顔の じいちゃんも ばあちゃんも おじちゃんも おばちゃんも

必ずご本堂に座って真面目にお説教を聴いて 頷いたり 笑ったり 時には泣いて涙を拭ったりして・・・

そして、 皆 お念仏して帰って行かれたのでした







子どもの頃の私は、お寺に参って仏様のお話を聴いていたら

いつかきっと、息子さんに深々と頭を下げてお礼が言えるような偉い人になれるんだろうな

と、思っていました

でも、何故かほとんどのじいちゃん ばあちゃん達はそのまんまでお浄土に往かれました







月日は経って、私の人生の本番が来て

大人としてお説教を聴くと

心の中のむくむくとした気持ちはいよいよ盛んになっており

「 な、なに~! 」 と いろんな事に心はざわつきます 

まあ 聴いたからと言って根っこまで偉い人にはとてもなれそうに無いのです

口で 顔で 「 ほんに ほんに 」 と笑って作ってみても

中身はどうにもならない事がますます見えてくるばかり・・・

見えてくるなんて言ってみる私もいやらしく・・・

そう言うて誤魔化そうとするところも またいやらしく・・・

 またいやらしく・・・ いやらしい・・・







a0204371_14413570.jpg



実家の寺の前のお店に ウメ子というばあちゃんが店番をしていました

子どもの頃から近所だったのに 

何故かウメ子ばあちゃんとはあんまりたくさんはしゃべった記憶がなく

でも、いつも ニコニコ ニコニコ と 見てくれていたことを思い出します






私が社会人になって小学校の先生になりたてのある日

お店の横の自宅前でお嫁さんのS子おばちゃんに

大きなピンクのよだれかけのようなエプロンを首に結んでもらって

散髪をしてもらっていたウメ子ばあちゃん、

私を見つけると 「 ななちゃん 今帰るね? お菓子あるよ~ 」 と 手をヒラヒラさせてニコニコ。

その頃のウメ子ばあちゃんには 車から降りたスーツ姿の私が 小学生に見えるようになっていました






小さい頃からばあちゃんのニコニコした顔しか見たことが無かった私は

S子おばちゃんに 「 ウメ子ばあちゃんっていつもニコニコして 怒ったことは無いと? 」

と訊くと S子おばちゃんはゲラゲラ笑って


「 ななちゃんの前やけん いい人の顔になるとさ~

  機嫌が悪か時は返事もせんし

  寝たふりもしんしゃ~とよ(寝たふりもするのよ)

  立派にわがままばあちゃんよ~  がはははは 」


「 あの 仏さんのようなばあちゃんが・・・ 」 私は 信じられない!と思ったものです







そのウメ子ばあちゃんもお浄土に往かれてもう何年でしょう

最近 認知症認知症と 騒がれますが

あの時のウメ子ばあちゃんは呆けたまま ( いや、あれは呆けたふりの高度な演技だったかもしれん )

変わらずニコニコ プンプンと生きていたなあと思い出します

S子おばちゃんは呆けたウメ子ばあちゃんを時々文句も言いながらも 

お世話をしきったのだなぁと その情の深さを思います

S子おばちゃん達家族は 時々子供になったり娘になったりするウメ子ばあちゃんを

「それは 違う」 とあんまり言いもせず

そのまんま 相手していたようです






先日、津村別院に出発する前に住職は荷物をキャリーバックで送ると言って


  

  住職    「 ほら! あの、あれくさ、 きょうかが修学旅行で買った白いバック

           あれに入れて送るから 」

  

  私      「 ああ、 あのスヌーピーの白いキャリーバックね 」

  

  住職     「 は? 違うやろ、あれはスヌーピーじゃなくて ユーミンだろ? 」


  

  きょうか   「 もう! お父さんもお母さんも 違う!!

               あれは スヌーピー でも ユーミンでもなくて ムーミンです!! 」




いつか、私も息子に深々と頭を下げることができるような立派なお同行に成長を

と秘かに思っていたものだったけれど・・・・・





先日のこの住職とのやり取り以来

ウメ子ばあちゃんが私の脳裏に現れてくださって

ニコニコと手をヒラつかせて

「 ななちゃん ご法義は  ありがたかねぇ~  なんまんだぁ~ぶ 」 と笑うのであります





今朝 お勤めしましたご和讃は 浄土和讃の


                        恒沙塵数(ごうじゃじんじゅ) の 如来は


                        万行(まんぎょう) の 少善きらひつつ

      
                        名号不思議 の 信心の 


                        ひとしく ひとへに すすめしむ




でありました


如来は私にしっかりキャッチしてくれよ と 

いつも私の周りに満ち満ちていて はたらきかけてくださっているのでしょうが

鈍い鈍い私にはなかなかその時にその相が私に何を伝えてくださっているのか 

すぐにキャッチできません

とりあえずスルーしてしまって さもわかったような顔をして生きています





「 あれ! 」 と あれ を連呼するようになった私に

ウメ子ばあちゃんが 今 改めて

ニコニコとあの時と同じなのに 有り難いすがたとなって 還ってきてくださっています

安心して 「なんまんだぶ」 だけでよかったねぇ   




あれから 何年が経ったでしょうか 

ようやく 今 キャッチできました           

なんまんだあ~ぶ




                               


                                              
by shinwoyorokobu73 | 2015-08-30 16:36 | Comments(4)
Commented by gu-chiru at 2015-09-03 22:23
何でか知らんけんど
…号泣…
(ノДT)(ノДT)

ありがたいのぅ
なんまんだぶ(-人-)

で、
ご住職のブログは、、
「まぁ~だだよぉ」 でつか?
「もぉ~えぇよぉ」 の時は、是非ご一報くだしゃれ^^v
Commented by enjoy-wales at 2015-09-03 22:23
ご無沙汰しております、お元気にお過ごしですか。
今日から子供たちの学校が始まって、ようやく一息付きながらブログの更新やチェックをしているところです。
↓入道雲を見ない夏というのがあるのですね~。こちらはヨーロッパは記録的な暑さに見舞われていたというのに、冷夏ではっきりしない天気が続いていました。
晴天がある度にバタバタと遊びに行くので、忙しいこと!笑 
ウメ子ばあちゃんとS子おばちゃん、それから坊守さんとのお話、鈍い私にもしんしんと伝わってくるものがありました。
私にも坊守さんのメッセージがキャッチできるかしら・・・。
Commented by shinwoyorokobu73 at 2015-09-04 21:14
gu-chiruさま、ご無沙汰しています
この夏はめっちゃ暑かったり 急に冷えたりですね
お元気ですか?

きっと そちらは 
も~~っとたくさんのウメ子ばあちゃんみたいなご門徒の菩薩様方が
chiruさまに会いにお見えでしょうから 涙が出ますね

ほんと ありがたいことですよねぇ

住職のブログは・・・きっと続かんから・・・ということになり
HPに法話を載せていくことにしました( 聞いたままにしておいてごめんなさい )
よかったら 覗いてみてくださいませ
Commented by shinwoyorokobu73 at 2015-09-04 22:31
enjoy-walesさま
お元気そうですね♡

この夏 ときどき覗きながら
「野生のベリー摘んでみたいわ~」とか思っていました
大学生の姪っ子も「 行ってみた~い! 」と言っています^^
ご両親もワイルドで素敵な夏を過ごして 安心して日本へお帰りでしたでしょう

お互いにお休みは終わっても子ども達に振り回されながら
楽しんでいきたいものですね
がんばりましょう♡


<< 秋のお彼岸・2015 夏休み終了! >>