シナモンの薫りのリンゴケーキ

土日の朝は「 き~みょ~む~りょ~じゅ~にょ~ら~い 」

子ども達の正信偈の声ものびのびと本堂に響きます

皆でお勤めすると本当に気持ちが良いものです



しかし、終って台所に移った途端

「 お母さんおなかしゅいた~ 」 
「 お母さん テレビ見ていい? 」 
「 お母さん今日買い物につきあって~ 」

つい私も 「 う、うるさ~い!まずご飯でしょ!準備手伝いなさい! 」

早速大声で目が吊り上る・・・・・かかる者をお助けたぁ・・・・・なまんだぶ・・・・・




子どもの事を餓鬼とはよく言ったもの

一日中 「 何かない~? 」 食べる事ばかり


a0204371_2215433.jpg


今日は青森のご実家からのお土産にリンゴを一箱いただいたので

安心してたっぷり使ってリンゴケーキを特大に焼きましょう!



a0204371_22183538.jpg


シナモンをきかせてレーズンも入れて



a0204371_22191351.jpg


ほっかほっかの焼き立てを はふはふ言いながら食べてくれました

食べてる時だけ静かです^^






今日のご法事の方のご親戚は北九州からお見えで

青魚の糠炊きをお土産に持って来ていらっしゃいました

私は、母が炊いた糠と山椒とお醤油で炊いたイワシの薫りを思い出して

思わずゴクリ 喉が鳴りそうでした



食べ物の薫りや食べた場面って対になっていますね

子ども達も今日のリンゴとシナモンの薫りと姉妹弟達の笑い声が

対になって記憶に残るのかな と ちょっと先の未来を想像して楽しみになったのでした



食べること いただくこと 大切にしたいです


                                                  なもあみだぶつ


         <3月 お彼岸法話会>
         
           3月 30日 (月)    13時 30分~    
          
           講師   内 藤 昭 文 師    大分県中津市  法行寺住職
          
                                   浄土真宗本願寺派 司教





 
by shinwoyorokobu73 | 2015-02-22 22:36 | こんなこと | Comments(0)
<< お寺でお葬式 次への一歩を >>