夏の終わりの歎異抄と

a0204371_161531.jpg


「 坊守さんお忙しかったか、体調がお悪かったんじゃないですか? 」



前回8月31日の歎異抄講座もupできずにいましたから

本日の講座にお見えの皆さまから心配の言葉をいただきました。



ありがとうございます。



そうなんです・・・・・夏休み疲れでしょうか。

風邪がなかなか抜けず
また子ども達の新学期のリズムにもまだ乗れないうちにこじらせてしまいました。



a0204371_16222581.jpg


住職が資料の準備をしているのを横目に「明日は良くなるかな?」と そわそわしていたのですが

やはり咳は止まず頭はズキズキ喉はヒリヒリ・・・・・・声まで出ない有り様で・・・・・・

前回と続けて2回お休みしてしまいました。



前回からまたお一人新たにご参加の方があって

平均年齢を書くと私が風邪で休むなんか恥ずかしいんですけれども・・・とほほ・・・



ずいぶんさわやかな季節になってきましたから

少し落ち着いて自分を大切に回復に努めたいと思います。




a0204371_16444431.jpg


朝晩はこおろぎや鈴虫の声、昼間はいくらか小さくなった蝉の声。

季節の交代の時期ですね。


一昨日の午後、トモちゃんとシンちゃんが昼寝している横で次女が

 「 こんな時が一番幸せだなあと思うけど、なんか寂しいよね 」

なんて言っていました。  

ほんとに。 もう間もなく秋ですね。


a0204371_165750100.jpg


夏休みに本堂から見えた花火は湘南方面?

a0204371_170777.jpg


普段は浜側の夜景が静かに見えてます。




a0204371_1713693.jpg


ご門徒のY子さんが持ってきてくれた花火も裏庭でやりました。


a0204371_172554.jpg





a0204371_1744580.jpg


カブトムシ君も晴れ間にはごそごそとそこかしこに出没


a0204371_1773489.jpg


チオンが生まれて初めてコロッケを作り、母は涙。 







夏の間に書ききれないいろんなことがありました。

皆さんもいろいろなことを経験なさったことでしょう。

雨がただのものでなかった今年は大変な思いをなさった方もいらっしゃったと思います。



テレビで広島で家が流されたおじさんが 「 子どもと もっと話したかった・・・ 」 と

山を見つめて涙のない顔でぽつりと言われた言葉が胸に沁みて忘れられません。



当たり前の朝、いつもの二人のいつもの昼寝、ただの休日、季節のおわり、季節のはじまり、

風邪をひいても必ず治りそうな私の体。



今日もありがとうございます。



                                          なもあみだぶつ










 
by shinwoyorokobu73 | 2014-09-15 17:24 | 季節 | Comments(2)
Commented by etomo at 2014-09-24 20:13 x
なーちゃん、がんばりすぎ!!ではない?

どうしても、忙しいよね・・・・

ほどほどに・・・
おいしいもの食べて、風邪ひかないように・・・

実家に帰ったときに、吉田を通りました。彼岸花が咲いていて、きれいだったよ。秋だな~~!と都会?に住んでいるので、懐かしかった。

やっぱり、山はいいね~~~!!!

Commented by shinwoyorokobu73 at 2014-09-28 22:11
etomoちゃん

もう最近眠くてねえ。
私の性格から昼寝はできなかったのに 最近は昼も眠い。

「彼岸花がさいていて きれいだった」 やっぱ都会になったんやねえ^^

こっちの山は冬には葉っぱが無くなるよ~!びっくり!
<< 2014.秋のお彼岸法話会は 笑顔に涙 >>