笑顔に涙

霧雨の中のお通夜でした。


先週お知らせをいただいてから
お寺の山門にその名前を見ても


本当かな  本当かな   ホントに坊守さんかな


本堂までの長い列でお焼香を待つ間ぼんやりと



庫裏の傍の植木の下の狸の焼き物が雨に濡れていて。

「 あら、いらっしゃい 」って坊守さんが出て見えるんじゃないかと

玄関の中をのぞいて見るけれど・・・・・




ぼんやりと列のままに本堂の階段を上ると。  「  あ。 」








見覚えのある笑顔。

写真の中にその笑顔を見て初めて視界がぼやけてしまいました。



a0204371_15592976.jpg





坊守さんから最後のメールをいただいたのは6月だったか。





横浜に来てから浄土真宗のお寺の神奈川組(そ)にいれていただいて

本当に気さくに面倒をみていただいてきました。

御法義の話もですが、子どもの事、お寺の事、いろいろとお話しさせていただいたり

「 私の息子のときはこんなことがあって 」 

と経験談も何度もいただいて安心したり。






最後のメールも私の子育てブログに 「 だいじょうぶよ~」 ってエールのコメント。







遺影の写真をみたら 

「 ななみさん、私でもここ(お浄土)に生まれられたわ~。 

  安心していいわよ~。 子供たちをしっかり育ててあなたはゆっくり来てね~ 」

って声が聞こえてきて。

傘があったからこの顔を晒して歩かずにすんでよかったけれど  さみしいなあ。







お浄土にお生まれになったお方とはそれまでとは違ったお付き合いになります。








慣れるまではいつも時間がかかりますが








N子坊守さんありがとうございました。 これからもどうぞ宜しくお願いします。







                                             なもあみだぶつ



 「歎異抄の会」 久しぶりに  8月 31日 日曜日  14時30分~です。
by shinwoyorokobu73 | 2014-08-29 16:31 | | Comments(0)
<< 夏の終わりの歎異抄と こんな時こそ食べなくちゃ >>