雨でしたね

いつものことですが、



「 ああ!明日からたっぷりお休みだあ!

  あれもやろう、これも・・・・・・・・・・ 」



と思って始まる夏休み。




お盆を過ぎる頃になると 「 あれ?半分過ぎてる・・・ 」 と もうすぐおわりの寂しさがただようのは

子どもの頃からのお決まりになっています。



a0204371_635741.jpg


今年のお盆は雨でしたね。

帰省された方 お休みを利用して海へ山へ予定された方 それを楽しみにしていた子供たちは

残念なお休みとなったかもしれません。


a0204371_8213873.jpg



西法寺の墓地はできたばかりでまだお亡くなりになった方のお墓は建っていません。

でも 今年は初めてお墓参りのご家族が丁寧にお墓をお掃除して帰られました。



おじいちゃん おばあちゃん お母さん 子供たち



雨のあい間の蒸し暑い中 皆でもくもくとお掃除なさいました。




寡黙なおじいちゃんの背中がお孫さん達に

 「 もうすぐ じいじはここに入るから 後は宜しくたのむよ 」

そう伝えていらっしゃるような感じがしました。





ここにお墓を建てられるまで5~6年でしたでしょうか

最初は通りすがりに奥さまがここを見つけてくださったのがご縁だったと思います。

本堂の玄関でちょっとお話しさせていただいて

「 素敵な気持ちの良いご婦人だなあ 」 と思ったことが記憶に残っています。



ちょっと遠い市にお住まいですから それから2年くらいはお手紙だけのお付き合いでした。




ちょっと立ち寄ってその後はお見えにならない方もたくさんいらっしゃる中

縁の深い方とは結局長いお付き合いになるのだなあ と不思議な気持ちになります。





今言葉の遊びのように 「 終活 」 なんて言いますが

このご家族の姿に 人としての一生を終えていく者と これからを生きていく者の

終わりと始まりのバトンタッチのような時間を見せていただいた気がしました。

自分一人で生まれて来れませんものね。

自分一人で生きていけませんものね。

自分で全部始末をつけるような 「 終活 」 って言葉 さみしいな と思います。






a0204371_1051752.jpg



トモちゃんが小学校から持ち帰ってきた朝顔が まだ毎日花を咲かせています。

最初に咲いた花はもう黒い種をつけました。

それでもまだまだ蕾もつけています。




夏はもうすこしつづきます。

体をこわさないように元気にお過ごしください。



                                                なもあみだぶつ
































































 

 
by shinwoyorokobu73 | 2014-08-17 10:17 | こんなこと | Comments(0)
<< こんな時こそ食べなくちゃ 残りの人生で一番若い日 >>