違うからこそ

昨夜 キョンキョンと中井貴一さんが出るドラマが最終回だったらしい。

もちろん私は見ていない。



なんで今さら気になっているか。

それは長女と住職が最終回を見たらしく長女が

「 あの二人のケンカはお母さんとお父さんのケ・・いや、お話し合いと同じね。」

なんて言ってニヤニヤしながら学校に行ったから。


a0204371_14312069.jpg



一緒に見たらしい夫に 

「 ちょっとちょっと、どんな事なの? きょうかが言ったのどういう意味? ねえねえ 」

そこでつらつらと昨日のドラマの説明をしてもらった。





理屈じゃない女と優柔不断な男 ・・・・・・・・・ 意見は一致しないけど、お互いが一緒だとおもしろい。


・・・・・・・・・・・確かに私たちも似てるかも。






 「 解決するにはここが問題だからこれをこうした方がいいよ。」

という男に

 「 それはわかるけど    やだ! 」

という女。









そういえば九州で 「横浜にお寺をつくる、いや、つくりたい」 と言った夫がなかなか腰を上げなかった。

  
   

   
    「 もしも、収入が全くなくなって子供たちが食べていけなくなったら? 」

    「 もしも、自分に何かあったらこの子達はどうなる?」

    「 どこからどう手を付けていく?」

    「 どんな方法で伝えていく? 」

    「 子供を育てるだけでも大変なのに、両方をやっていけるか?」





どうする?どうする?どうする?  どうなる?どうなる?どうなる?

真剣に考えて悩んでいたけれど、どう見ても堂々巡りで答えなんか出るはずもなかった。





 
   「  まあ、収入が無くなったら私が働くし、あなたは布教使としてやってけばいいじゃない!!

      とにかくスタートしてみないと!! どんどん年取るよ!! スタートしないで終るつもり?!  」






私は優しい優柔不断のケツを蹴とばした。^^v


( 男の方が言葉や約束に強く責任を持つのはわかるんだけれども。 )






そのせいか、今では彼は上の写真のようにもう髪の毛は真白くなっているのだけれど。^^

私も白髪の家系ではないのに結構頭に白いものが出てきているのだけれど。^^









髪の毛が早くも真っ白になるほど真面目に物事を考えて 「 よし! 」 と結論を出す夫と

無責任に感情のまま突き進みがちな妻。


でこぼこコンビだから 『 1+1 = 2 + α 』 のアルファーが楽しい。 

「 ああそうなんだ。」 と自分では気が付けない事にも日々驚く。








浄土真宗で大切な言葉に 『 信心 』 という言葉がある。

原文は チッタ プラサーダ。   チッタ ( 揺るぎない心 ) プラサーダ ( 打ち砕く )

阿弥陀という仏様にいただいた信心が私の思い込みの壁を打ち砕く。






そこには広々とした安心が広がっていく。







自分の思いと違うものこそ大事に( 本気で )かかわると、結果有り難いご縁となるものだ。








血液型を特に信じているわけではないけれど、

我が家はA型、B型、O型、AB型、全部そろった家族です。

違う考え方やリズムを持つ人間がうじゃっといると、

いろんな思いや経験が共にできて 「 へえ~そうなんだ 」 と知ることもしばしば。








どうも長女は昨夜のドラマの二人に「違うからこそ」生まれる

不思議と面白さ、安らかさ?を重ねたの?かな?








ん~~~一緒に見ればよかった。








そうそう、今日の写真はシロアリの薬を撒いていただく前の様子。

なぜ、うちの住職は何でも自分の目で見たくなるのやら・・・・・・・ 

床下まで入らんでもよさそうなものを・・・・・・・

楽しそうに・・・・・・・・






そうそう、明日は歎異抄はありません。


                                                なもあみだぶつ


















































      
by shinwoyorokobu73 | 2014-06-28 06:45 | こんなこと | Comments(0)
<< 梅雨明けかあ? 築地本願寺 『 聞法会 』 >>