親というものは・・・・・

a0204371_11321436.jpg


昨日のこと。

住職と朝から3女の事を話していた。



やっとトモも学校に慣れたね、これから学費がかかるなあ・・・

中学はどこに行くかなあ・・・

耳の手術後このまま完治したらいいねえ・・・

一輪車に乗れるようになったはいいけれど、傷だらけやね・・・





今日ははまっ子にも行かないし、帰りは3時前か。





ふと気づくと間もなく3時。  ちょっと遅いな。

そろそろ帰るかなと事務を続けていましたが・・・・・・・・・  帰らない ・・・・・・・・

10分経っても帰らない。15分経っても帰らない。20分経ったとき学校へ電話してみた。



 「 あら? 一年生はみんな2時半には帰りましたよ。

   念のために学校の中を確認してお電話しますね! 」



電話にでられた事務の井上先生の声が私の中で遠くにエコーした。


数分後、

 「 やっぱりはまっ子にも行ってないし、運動場にも居ませんねえ。 」



学校から家までテレテレ帰ってきても10分もかからないのに・・・・・・



その言葉を聞きながら私の心臓はバクバクと音を立てていた。

頭の毛穴からはぶわ~~っと汗のようなものが噴出してくるのが感じられる。




 「 お父さん、一年生は2時半には下校してるって!!

   ちょっとその辺見てきて!!

   私はお友達の所に電話してみるから!! 

   でも、まだお友達のお家には遊びに行ったことないから多分行ってはないと思うけど。 」






住職も玄関で慌てふためきすっ転びそうになりながら、

 「 学校まで行っておらんかったら家に電話する。すぐ警察に電話しろ! 」








一年生が下校して一時間が経っている。

住職が飛出して私は震える手でママ友にメール。

『 送信 』 を押そうか、という時に  違うママから チロリ~~ン と 私にメールの着信音が。



   
   

   

    「  今、トモちゃんが家に遊びに来てます。♪♪

       ランドセル背負ってきてるので直接来ちゃってるみたいです。

       学校のお友達初めてきました。 ◌(^0^)◌ 

       心配かけてすみませんーー 」  



  

  

   

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ トモちゃん、生きとった。





   ・・・・・・・・・・・・ Hちゃんママ、すぐ電話しようよ ・・・・・ ランドセルは絶対怪しいんだから ・・・・・


 



でも、無事でよかった。  



Hちゃんママ、うちのバカちんが大変お世話になりました。



先生方、お騒がせいたしまして申し訳ございませんでした。








違う汗がどーーーっと出た。







 
a0204371_128944.jpg



直ぐに住職に連絡して学校から帰ってきてもらったけれど、



顔面蒼白、涙目でふらふらと帰ってきたこの父の姿を映像に撮っておいて、

トモが万が一結婚でもできた暁には大画面でお前に見せてやりたい!!と思ったことでした。




いつの時代も親の心は子にはわからないものなんでしょう。

未だに私も私の親の心はわかりません・・・・・





学校からは必ず一回帰ってくること!

誰のお家に遊びに行くのかお母さんに言ってから遊びにいくこと!

と、こっぴどくお灸は据えたものの、反省したのかしてないのか・・・・・・










子どもの事一つで自分の世界の景色が一瞬でカラーからモノクロ、

モノクロからカラーにこんなにコロコロと変わるとは。








ほんとうに、いくらご法話を聴いても聴いても、 


いや、聴けば聴くほど ・・・・・・・・・・


ばかやねえ・・・・・・あてにならんこと





私の父、母の親も、 こうやって子を育ててくれたんかなあ

私のじいちゃん、ばあちゃんの親も、 こうやって子を育ててくれたんかなあ

私のひいじいちゃん、ひいばあちゃんの親も、 こうやって子を育ててくれたんかなあ

ひいひいじいちゃん、ひいひいばあちゃんの親も、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






あんまり考えたことなかった。

すごいなあ、みんな。

たいへんやったろうなあ。







  ありがとう。












                                          なんまんだ~~ぶ
by shinwoyorokobu73 | 2014-06-04 12:41 | 子供 | Comments(4)
Commented by etomo at 2014-06-04 17:24 x
帰りが遅いと、びっくりするよね。
一年生は特に、いろんなものを見たり、話しながら帰っているので、うちの子も30分を1時間かかってたね。

三年生になったら、校区内を自転車でうろうろ・・・公園で遊んで、友達の家を転々とするので、毎回、今日はどこで何をしたか聞いてます。
よそのおうちに迷惑をかけてないか心配ですよ。

ともちゃんも、行動範囲がだんだんひろがっていくだろうね!!
Commented by at 2014-06-04 22:54 x
うわー、良かったー!トモちゃんに何かあったらと思うと私も気が気じゃない!!
でも、私もフラフラした子供だったからさぞや両親には心配を掛けたんだと思います。親の恩は計り知れないですね。
Commented by shinwoyorokobu73 at 2014-06-05 09:21
eトモちゃん、
トモカは上のふたりとは違うのね。
この人が男やったら、とよく夫と話します。

頼もしい限りやけどね^^
Commented by shinwoyorokobu73 at 2014-06-05 09:24
ゆ子おばちゃんにもご心配をおかけして<(_ _)>

だんだんトモカワールドな世界が広がってきています^^

こんなお騒がせな人ですが、

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
<< 明日の歎異抄講座 やさしい時を >>