「それはおかしかとじゃなかですか?」 その1

a0204371_20283627.jpg


卒業式や卒園や、
いろいろと子供たちも忙しい季節です。

学校から帰った次女がぽろぽろと涙をこぼして
学校の卒業式練習でのくやしい思いを私に訴えてきます。


 簡単に言うと、

・・・・・・・・・・・・  ジャイアン、  Kちゃん、  娘、  スネ夫。


6年生が横一列になって歌う卒業式の歌の練習中、
ジャイアンがKちゃんが臭いだの汚いだのと言って大騒ぎをして、
手を焼いた先生がKちゃんとスネ夫を入れ替えたというのです。


・・・・・・・・・・・・   ジャイアン、  スネ夫、  娘、  Kちゃん。



悲しいけれど、いつものこと。



a0204371_2033215.jpg



Kちゃんは小学校1年生の時からずっと皆に嫌われてきた子です。

どうしても皆と仲良くなることができませんでした。

娘は行事となると必ずKちゃんとセットのように一緒でした。
Kちゃんが勝手だわがままだと愚痴りながらも仲良しのSちゃんと一緒に。

修学旅行も林間学校の班も、遠足のグループも必ず一緒になりました。



その娘が何故かぽろぽろと涙をこぼしながら今回の先生の扱いを、
半ば怒りながら訴えてきます。


最初は、「 もうこれが最後なんだし、今までKちゃんとチオンは一緒の班でやってきたんだから、

        今さら文句なんか言わないでやりなさい!

        誰かが仲間外れになる卒業式なんてお母さん見たくないよ。」


と言って私も取り合わなかったのですが、
彼女の剣幕は今までのものとは全く違います。


娘の言い分は、

 「 クラスの問題児のジャイアンが大騒ぎしてわがままを言うことは先生は何も言わずに聞いて、

   スネ夫とKちゃんをさっさと入れ替えて、

   私が

   『 クラスの皆が嫌うKちゃんと2人 
     端っこに追いやられるような、こんな状態を卒業式まで嫌だ!』 

   とオバタ先生に言ったらすっごく怒られた。  先生のこの対応には我慢ならない!

   先生はチオンが好きでKちゃんと組んできたと思ってるんだ。 」


ということだそうです。


あんまりいつもと違って先生に言ってほしいとまでいうので先生と話をすることにしました。

電話をすると、早速担任の先生が出られて、



「 ああ、今日のことですね。 

  もう手が付けられなかったので、スネ夫君とKさんを入れ替えただけですよ。

  そうしないと歌が歌にならなくて、卒業式に支障が出るのは目に見えていまして・・・・・・・・・ 」




こちらが話をする前に先生はまくしたてるようにその時のことを話されます。

卒業生担任の忙しさの中、つまらぬクレームとお思いだったかもしれません。




「 まあ、もっと言いますとチオンさんの位置は何も変更はしていないんだし、

  彼女が何を文句言っているのか理由がわかりません。 第一・・・・・・・・・・・・ 」




そこで、ちょっと私の頭の中の横浜弁の変換がおそくなりました。


( そ!それ、ちょっとおかしかとじゃなかですか? )



「 先生、先生、先生! 私が電話をかけたんですからこちらの話もちゃんと聞いてくださいよ。


  今先生の仰ったことには私も納得できません。

  自分の家の傍に超高層ビルが突然建てられたりしたら、

  大人だって文句言いますよ!

  先生の言うことは 『 お前の家を動かしたわけじゃないんだから文句言うな 』

  というようなものじゃないですか。

  先生の対応でチオンの環境は変わったんです。
  
  それが彼女にとってはジャイアン君と同じように嫌だったということです。


  チオンは6年間皆が絶対に仲良くしてこなかったKちゃんと
  いつも同じグループになっても仲良くして、文句なんか言いませんでした。

  ちゃんと先生が丁寧に話してくださっていたら絶対に納得しています。
  今さら皆の卒業式を邪魔するようなことは言いません。


  私も娘のただの我儘を聞けと言っているのでもありません。


  もう少し彼女の気持ちを汲んだものの言い方をしていただけませんか?

  「嫌だ!」 って言ったら 「嫌なんだね。」 でいいんです。

  力ずくで声の小さい子の方の気持ちを抑えるようなやり方は考えてください。 」


 

 オバタ先生 「 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・  確かに丁寧でなかったです。

            そうですね。  ご連絡いただいてありがとうございます。

           彼女に押し付けてきた部分がありますね。・・・・・・・ 」 





なんだか先生に熱く語ってしまっていろんなことを思い出しました。

書いておきたいのですが信ちゃんがまだ寝ないので続きはまた次に。


    
                                             なもあみだぶつ








   
by shinwoyorokobu73 | 2014-03-09 21:39 | 子供 | Comments(0)
<< 明日は法話会です。 冬から春へ >>