農林2号となんとかワイン

学校や保育園、会社や街の中に急にインフルエンザが流行りだしました。

気を付けたいものですね。




ブログ更新がなかなかできずに時間が過ぎていきます。
毎日いろいろあるのに相変わらず私はのろいのです。



先日 おいしいお酒と料理を持って来てくださったご門徒方とミニ新年会となりました。

お酒は『農林2号』という焼酎、それと『~~ワイン』(ワインの良し悪しはよくわかりません・・・)

a0204371_14355679.jpg


結婚する前、
お酒と言うとべんべろべえに酔っぱらう昭和のおじさん達とセットで想像しましたから、

「 西村さんは、お酒は飲まれますか? 」

と今隣に座る方に確認したのを覚えています。


私の父がよう飲む人なので結婚相手はほどほどであってほしかったのです。
でも、まあ、べんべろべえに飲む連れ合いにも慣れてしまう、私も昭和時代の人間だったのでした。



最近はご門徒とも食事を一緒にいただきながら、

また、お酒をいただきながら話をするのも楽しみになっています。

住職も年と共に程よく飲む方が楽なお年頃となってきましたし。





お鍋を囲みながらお酒を飲んでいると 「 普段こんな話はしないけど、」 なんてことも話します。

思いがけずいろんな方向に話題が進んでいくのは楽しいものです。



「 いや、父が最近機嫌が悪いんですよね。 80過ぎて特によく怒るんですよ。 

  それはおかしいから辞めた方がいいよ、ってただそう言っただけなんですよ! 」


    


      「  いいや、年を取ったらやさしく 『 そうね、それはいいね。』 って言ってほしいの! 」 




   「  でもねえ・・・、自分の家族にはなかなか優しい言葉はかけないですよお  」


  「 わたしも母が元気な時はケンカばっかりしてました。

    でも、亡くなる直前になるとそんな母が急に物わかりが良くなって。

    今になると、なんでもっと優しくできなかったのか・・・・・・ってねえ・・・・・・・  」 


     

      「  しみじみ寂しくなるんでしょうねえ。

           相手の立場なんかにも立てないくらいにねえ。 」



       


              「  年を取ったら子供に帰るって言いますよね。

                   信ちゃんもよくお母さんに甘えて泣きますもんね。

    

                  父には甘えてた母ももういませんしね。

                              そうか、そうか、そう思えば優しくできるかね  」




  「  いろいろ年配の方には教えていただくねえ。

        人間ちゃどんなもんか、とか、どうなっていくか、とかねえ。 」






                 「  そういえば私の母は結婚式直前の晩に、

                        『 まだ嫁にやりとおなかあ (やりたくない) 』 って泣いたなあ。



                           もうすぐ30になるっていう娘をねえ。 」  ( 住職、ギョッ!)


   

    「 さあ、ご住職の14~15年後が楽しみだねえ。 」

 

      ~~~~~~~~~~ 宴はつづく ~~~~~~~~~~



なんてこともありました。

 


その後日には娘を持つ母とお料理上手にお願いして 

「 バレンタインに向けて友チョコ講座 」 を開催!

a0204371_16324469.jpg



最近はバレンタインと言っても 『 女の子が男の子に 』 ではありません。


世の小中高生女子の多くは、お友達のために頑張ります。

なので手伝う母たちは毎年頭を悩ますのであります。

a0204371_16335967.jpg


別立てでケーキっぽく。

a0204371_1634132.jpg


完成。 ハートに切れば、クラスメートの人数も大丈夫!

お味はばっちりです。 2月の本番も失敗なし!

来年はもっといろんなお母さんとお子さんにお声をかけてみよ!と思います。






今回は食べてばかりの巻でございました。 





                                        なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-01-24 16:44 | こんなこと | Comments(0)
<< お坊さん職業を語る。  『 星の王子さま 』 ってね >>