台風一過。

台風一過、涼しく晴れた秋空となっています。

この台風で被害をうけられた方は大変な作業の真っただ中でいらっしゃることでしょう。
どうかお疲れが出られませんようにお見舞い申し上げます。



西法寺では15日(日)の法話会は大雨でした。

警報も出ていましたが皆さまに中止とご連絡する術もなく、
行う方向で準備いたしました。

「 一人もお見えにならない場合は、

  わたしと住職だけでもご縁にあわせていただこうね。」

そう話しておりましたが、
皆さま長靴やスニーカーでお参りくださいました。

本当にようこそ、ようこそ。

a0204371_10251365.jpg


阿部信幾先生は体調がお悪い中を 本当にありがとうございました。



最近の天候の気まぐれさには驚かされるばかりです。

「 無事に、お蔭さまで、」 こんな言葉にも心がこもります。



そうそう、法話会の前日には、

境内周りの草ぼうぼうを刈りにいつもお願いする若者が来てくれて

すっきりときれいになりました。



私は昔からのろまで要領が悪くて、

おまけに始末も悪い欠点満載です。



そのせいで片付かない割に疲れてしまいます。



先日のブログを見て某寺坊守さんからは「手抜きよ、手抜き!」と
激励メールをいただきました。



「 そうか、手抜きかぁ・・・、抜くには、わたしが抜くには・・・・・・・・・・・、

  ・・・・・・・・・・・・・手を借りる!!」



おはぎ作りは娘たちに手伝ってもらい、

a0204371_10531454.jpg



草刈は若者に。

掃除ももうわたしと背が同じになった彼女たちが引き受けてくれました。^^v

この度はなんと楽をさせてもらったことか。


おかげさまで、ありがとうございました。

( 「何でも言ってね」ってご心配くださった皆さまも、ありがとうございます。 )

これからもよろしくお願いします。



                                        なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-09-18 11:00 | 行事 | Comments(0)
<< 『 歎異抄を読む会 』 秋の法話会がスタートです >>