冬の陽だまりに。

昨日の夕方は夜から雪になるといっていたので
庭の隅に吹きだまりになっていた枯れ葉を急いで燃やそうと火を点けました。

すると間もなく裏の丘の方から
 
   カサカサ    カサカサ 

               カサカサ   カサカサ         カサカサ カサカサ

                           カサカサ カサカサ         カサカサ

と枯れ葉に雨が落ちてきたような音がしました。
「 ああ、今日は雨か。」 と思っていると、
私の肩からころころと小さなものが地面に落ちていきます。

それは雨ではなくて霰(あられ)でした。
寒いはずです。
そんなことで焚き火は一瞬で切り上げてしまいました。


a0204371_23154112.jpg


一夜明けて今日は昼間は暑いほどの陽気で水仙もこの通り。

今年は葉も花も丈が短く少々の雪や風でも折れそうにありませんから
なんだか安心して見ていられます。

a0204371_23222870.jpg


クリスマスローズも 「そろそろ、あったかくなってきたみたいね」 と
顔をあげはじめました。
(いや、「 まだ眠いよ~~ 」 かも)

a0204371_23245455.jpg



ちょこっと顔を出しはじめたのはヒヤシンス。
何色だったかはもう忘れてしまいました・・・・・
顔を見てのお楽しみ。


a0204371_23284528.jpg


こちらは同じ水仙でも日蔭育ちの水仙ちゃん。
やっぱり遅咲きのようです。
でも、見えない今もこちらにもゆっくりと春の働きは届いてるんですよね。



いつもこうやって植物を見ていると
人間とおんなじだ、と思います。

パァーッと楽しげに咲く子、
ゆっくり じっくり恥ずかしげに顔を上げる子。
今年は花をつけない子。

金子みすずさんではないですが、

みんな違ってみんないい。

そうしみじみ感じる冬の陽だまりの時でした。



                                       なもあみだぶつ














               
by shinwoyorokobu73 | 2013-02-13 23:37 | 季節 | Comments(0)
<< 親の姿が子に映る 心の春をいただきました。 >>