おじちゃんとおばちゃんに

ストーブの上のやかんがしゅんしゅん湯気を出す音が聞こえます。

年始の落ち着かなさもひと段落して、
「 あ、やかんは磨いてなかったなあ、あらまあその下のストーブも。 」 と今頃気づく始末です。
a0204371_12374946.jpg


亡くなった祖父は大変私のことをかわいがってくれましたが、
「 お前は詰めが甘い。」 とよく言われました。
子育てとお寺のこと、家庭のやりくり。
やっぱり今も「詰め」どころか、要領の悪さと言ったら耳元で祖父のため息が聞こえそうです。



この度は
年末にも新しい年になってからも、
何故かいろいろな方が初めて訪ねて見えました。



特にクリスマスの翌日、
真っ白いくるくる巻き毛のおじいさんが掲示版の前をうろうろなさっていました。
(昨日はクリスマスで世間は賑やかだったけど・・・・まさかお寺にサンタさん?・・・・・)

あんまり行ったり来たりなさるので、
「 あの~、ここに何かご用ですか?」と声をかけてみました。

「 はい!!私は・・・・・・・・・・・・・・・」

本堂にお入りいただいてお話を伺うと、
故郷に住んでいた99歳になったお母様が昨年亡くなって
法事や手を合わせる所はどうしようかと悩んでいたところ、
その日偶然近くを通りかかって西法寺の看板を目にしたのだと。

最初涙目で話されていたのが 
「 そうでしたか、よかったよかった見つけてくださって 」
と言いましたら、 ぽろぽろ ぽろぽろ 泣かれます。

「 私、77歳になります。恥ずかしながらこの年まで仏の道も全く知らず、
  これは仏の(亡くなった母の)導きと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。」

涙も鼻水も一緒に流しながらそう言われました。

一通り出身地やご自分のしていた仕事の事などを話した後、

「 ああよかった、よかったぁ、最後に行くところが決まってよかったぁ。 
  今日から安心して休むことができます。」

と言って寒風の中嬉しそうに帰って行かれました。





私たちは一年中休みらしいお休みは無いのですが、
こんな出会いやご縁があるので休めません。

サンタさんみたいなおじいさんも嬉しそうでしたけど、
私も嬉しいのです。








むかし、初めてのお見合いの席で、

住職は自分が結婚して生活するイメージとは 

「 八百屋さんのおじちゃんおばちゃんとか~、魚屋のおじちゃんやおばちゃんとか、

  あんな感じだな。」

と私に向かって言いました。


その時は 「 ???・・・・・・ 」 私はイメージできなかったのですが  今はわかります。



20年たった今休みらしい休みは無く、

キラキラするものもこれといって身につけることも無いけれど、

いつも元気に訪れてくださった方を迎え、笑い、時には共に泣き、

「 ああ、あの時住職がいっていたおじちゃんとおばちゃんに  今なっているなぁ。 」

そんなことを思う年末年始でありました。




                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-01-07 17:18 | Comments(4)
Commented by etomo at 2013-01-12 16:12 x
家事で精一杯の私にはお寺のこと、子育て・・・よくやってるな!と感心しています。

詰めが甘い・・・と読みながら、思いましたが、ストーブのそばに干しているふきん??あぶないよ!!やかんの空焚きには注意してね!

いい出会いがありますね!!
Commented by shinwoyorokobu73 at 2013-01-13 14:23
あ!そうそう、最近はなくなったけど
空焚きね、やったの。・・・・・・・よく。
布巾もね、住職によく注意されます・・・・・・
おとろしい・・・・・。
気を付けます。^^
Commented by gu-chiru at 2013-01-15 14:21
わが親の残して逝かれたお骨を新幹線の網棚に
置いていく人が増えとるというのに
都会にもこげに思うとるお方がおられるとは
ほっとします^^
ええお話をありがちょございました<(_ _)>

で、ストーブのそばに物干し・・・
ようやるんよね
てか、
毎日やっちょります。
バスマットとかトレーナーとか
ごついもんは、乾かんし、干すとこないんよね(-公-、)
時々、焦がしたりなんかすて。。
怖っ=( =`д´= ;)⇒
Commented by shinwoyorokobu73 at 2013-01-16 09:16
あ、ちるさまもバスマット、トレーナーやりますか?
はは・・・お互い気をつけましょうね。^^

そうそう、佐賀に住んでた頃は
都会の人は人情がない、冷たいんじゃないの?とか思ってました。
確かに他人のことなんかかまってられない人は多いんです。
だから、寂しい人も多いんですよねぇ。
私も周りに自分も相手もよく知ってる人ばっかりだった所
が恋しくなることもありました。
だjからこそ阿弥陀さんの温もりも
一層身に沁みてくるのかもしれませんね。

お母さんって亡くなってもやっぱり一番あったかいんだなぁと思います。
仏様となってもせっせと働きづめでいらっしゃいます。
<< 年をとろうが、若かろうが・・・ 今年も、 >>