ご縁うれしや

   
        問い続けた人の掴んだ答えはシンプルで力強い。



   幸枝先生のご法話は、まさに シンプル イズ ベストでありました。

     「~みたいなあ。」「私的には~」のような曖昧さは皆無。

    ほんとかいな、と思うほどの病院での患者さんとのお念仏の会話は

     そのままわたしのハートもほかほかと温かくしていただきました。


   最近法話会の本堂には浄土真宗以外の方の姿も見られるようになりました。

        
        この度はご講師がお医者様ということもあり、

         お医者様も何名かいらしておられましたが。

         

            『なもあみだぶつ』のご縁に

         「違う宗派の方は違和感がないかしら?」

        なんていう私のおせっかいはいらないようです。

        
        『  安心して苦難の人生を旅しておいで。

           弥陀にまかせ、目先の日常に追われ、

             たとえ弥陀を忘れていても、

         いつもここにお念仏となってあなたに届いているよ。

         必ず阿弥陀仏と同じ仏さまに生まれさせるのだから

                安心しておいで。       』

 
         幸枝先生の言葉が阿弥陀様のお声のように聞こえます。

  
a0204371_20231647.jpg


    
          今回は法話中の写真を撮り忘れていました。

    (ご法話に集中して「ほ~~~ 」と口を開けて聞いていましたので・・・)

           ですので写真は法話会終了後の先生と

         残られた方々の茶話会&お念仏談義の熱いひととき。


                楽しかった。

            本当にありがとうございました。

             
                なもあみだぶつ










 


















      





     
     













    

     

         
by shinwoyorokobu73 | 2011-10-03 20:36 | Comments(0)
<< 秋明菊に思い出す 宮崎幸枝先生が >>