宮崎幸枝先生が

      
      「あなたの人生の解決はどのようについていらっしゃるのですか?」

    
    7~8年前、龍谷教学会議の席でのパネリストだった宮崎幸枝先生の言葉。
        
      いつもは住職に送られてくるその冊子に目を通すことも無かったのに、
         なぜかそのときその公演記録に目が奪われました。

          宮崎先生はそのときもう一人のパネリストである、
        どこかの大学の先生に対してその問いをぶつけられました。

            その方のどこか人ごとめいた評論ぶりに

           「仏教は 私 抜きでは語れません!!」

             と仰りたかったのでしょうか?


         ただ、私はその時その言葉に大ショックを受けました。

      「人生の解決」という言葉に、この人は本気なんだ、と思いました。

     おまけに生死の際に立ちあうお医者様で大病院の理事長先生、すごい!!

  
                 それから数年、
           
          わたしにも難題がふりかかりどうにも解決できず
        悩みに悩んで、頭がおかしくなりそうな時期がありました。

            昨年、そこでわたしは住職に言いました。

       わたし   「お父さん、お医者様でお念仏を慶ぶ方はいらっしゃらないかなあ。
              わたしの話を聞いていただけないかなあ。」

       住職    「うう~ん そうだなあ、お医者さんねえ」


       わたし   「そうだ!わたし、あの宮崎先生に相談したいんだけど。
              連絡とってもらえない?」

            
        今思えば、ほんとに悩んで頭がおかしかったのかもしれません。
         
          が、ともかく住職が知り合いをたどってその数分後、

            あの宮崎先生と電話で話をすることができ、

          「明日、会いましょう。うちの近くまで来れます?」

              次の日、会う事になりました。


     目白駅で、初めてお会いする宮崎先生は優しいエネルギーのあふれる方でした。

           日頃は仕事柄聞き役になることが多い私ですが、

        気付くと3時間、吐き出すようにわたしの問題を話しました。


           不思議なことに宮崎先生の前で話をしていると

          自分の中で少しずつ結論がお念仏になってきます。

             途中、宮崎先生の眼からポロリと涙が、

     「よかったね、ななみさん。お念仏がとどいて下さっていてよかったねえ。」

            なんだか宮崎先生が阿弥陀様に見えました。

      
     「あ、そうか、ここにもう届いていて、このまなざしの中を生きているんだ。

           そのまんま、願いの中を生きていればいいんだ。」

          足元ばっかり気にして届いている光を忘れそうでした。

        


      富山県の方が自分にふりかかる難題を「御難題さま」とおっしゃいますが、

        まさにわたしにとってこの悩みは「御難題さま」でありました。

        改めて宝物に気付かせて頂いたありがたいご縁でありました。


   
a0204371_1411849.jpg
     
        
         「10月の法話会」のご講師はこの 宮崎幸枝先生です。

      先生の病院「みやざきホスピタル」は現実に「念仏のある病院」です。

      (詳しくは先生の著書『お浄土があってよかったね』をご覧ください)
          
  
         
         わたしもできることならこんな病院でお浄土に参りたい。

         そんな熱き念仏者のご法話を、どうぞどうぞおたのしみに。


          
         ・  10月2日(日)

          ・ 13時30分~ お勤め(みんなでお経をあげます)
  
          ・ 14時~    ご法話 (15時30分頃終了)


     
           わたしの体調もだいぶ落ち着きつつあります。

       ( でも、おなかがすいてくると「おえ~っ」となりますが・・・)

           あしたは楽しみに皆様をお待ちしております。

            きょうははりきってそうじ、そうじ!!
          

      
        

         


           

       
by shinwoyorokobu73 | 2011-10-01 13:02 | 行事 | Comments(0)
<< ご縁うれしや 台風が過ぎて >>